大村建築設計事務所BLOG

行ってきました! 記事一覧

2012年4月25日

改修中 の 姫路城 Ⅱ

前回に引き続き姫路城です。近くでみると結構な迫力です。この中にすっぽりお城が納まっているのかと思うと驚きです。なかなか見る機会がない光景です。姫路城のぬの門付近にあります扇を開いたような美しい曲線美をした石垣です。このあたりの石垣に使われて

... 続きを見る

2012年4月24日

改修中 の 姫路城

先日、事務所のみんなで(Kさんはお留守番でした)改修中の姫路城の見学に行ってきました。長浜から高速を使うと姫路まで車で二時間半程度でした。すっかり囲まれていてぱっと見工場みたいです。工事費の大半が仮設費(足場などの工事を行うスペース)なだけ

... 続きを見る

2011年7月29日

能舞館「今重屋敷」

7月18日に能舞館がオープンしました。家から徒歩5分ほどなので観に行ってきました。当日は、記念公演として能が行われました。観世流能楽師「中川雅章」氏による「ショウジョウ」観る機会が少ない能を身近で観ることが出来、貴重な体験でした。しばらくは

... 続きを見る

2011年5月24日

デリー空港

デリー空港に到着です。 デリー空港も綺麗な空港です。 さすがにインド。空港にゾウのモニュメントが有ります。空港内のトイレの入口もおもしろい。男女の表示が壁一面の写真です。 これから、中国東方航空MU564便21:25発で上海に向かいます。

... 続きを見る

2011年5月22日

インド門・レッドフォート

インド門と通り、ニューデリーそして、オールドデリーに向かいます。 インド門は交通量の多い交差点に有ります。バスを止める訳にはいかないので、車窓からです。 インド門は、激戦を極めた第1次世界大戦の戦死者を弔う為、1929年に建てられた門。高さ

... 続きを見る

2011年5月22日

フマユーン廟

フマユーン廟はタージ・マハールの原点となったムガール建築の傑作。 確かにタージ・マハールと似ています。大きな庭園に建ち、赤砂岩と大理石のコントラストが見事な建物です。タージ・マハールでもみられた、完璧なシンメトーリーは黄金比なんでしょうね

... 続きを見る

2011年5月21日

クトゥブ・ミナールと複合建築群

アグラからバスで約4時間30分。デリーに到着。 まず、世界遺産「クトゥブ・ミナールと複合建築群」の観光です。 インドで最も高いミナレットが見えてきました。全長72.5mです。建築群も見えてきました。 ミナレットは近くで見ると本当に荘厳。 こ

... 続きを見る

2011年5月 9日

ケープトニアンホテルと帰国

【7日目】 楽しかった旅も終わり、今日はいよいよ日本に帰る日です。 ケープタウン 9:10 → ヨハネスブルク 11:10   ケープタウンでの宿泊は「ケープトニアンホテル」 このホテルのエレベーターがおもしろい。これはホール側から見たボタ

... 続きを見る

月別アーカイブ

  • > 2018年9月 (2)
  • > 2018年4月 (1)
  • > 2018年1月 (1)
  • > 2017年12月 (1)
  • > 2017年9月 (4)
  • > 2017年7月 (4)
  • > 2017年5月 (1)
  • > 2017年4月 (5)
  • > 2017年3月 (5)
  • > 2017年2月 (5)
  • > 2017年1月 (9)
  • > 2016年12月 (3)
  • > 2016年11月 (5)
  • > 2016年10月 (4)
  • > 2016年9月 (2)
  • > 2016年8月 (8)
  • > 2016年7月 (2)
  • > 2016年6月 (2)
  • > 2016年5月 (6)
  • > 2016年2月 (1)
  • > 2016年1月 (3)
  • > 2015年12月 (2)
  • > 2015年11月 (1)
  • > 2015年10月 (3)
  • > 2015年9月 (3)
  • > 2015年5月 (2)
  • > 2015年4月 (1)
  • > 2015年2月 (1)
  • > 2015年1月 (2)
  • > 2014年12月 (2)
  • > 2014年11月 (2)
  • > 2014年10月 (5)
  • > 2014年9月 (2)
  • > 2014年8月 (1)
  • > 2014年5月 (1)
  • > 2013年7月 (1)
  • > 2013年4月 (7)
  • > 2012年7月 (4)
  • > 2012年6月 (20)
  • > 2012年5月 (16)
  • > 2012年4月 (6)
  • > 2011年12月 (2)
  • > 2011年11月 (1)
  • > 2011年10月 (2)
  • > 2011年9月 (1)
  • > 2011年8月 (28)
  • > 2011年7月 (2)
  • > 2011年5月 (25)
  • > 2011年4月 (16)
  • > 2011年3月 (3)
  • > 2011年2月 (1)
  • > 2011年1月 (3)
  • > 2010年12月 (1)
  • > 2010年9月 (1)
  • > 2010年8月 (6)
  • > 2010年7月 (2)
  • > 2009年9月 (1)
  • > 2009年6月 (26)
  • > 2009年5月 (5)
  • > 2009年4月 (3)
  • > 2009年3月 (1)
  • > 2009年2月 (2)
  • > 2009年1月 (6)
  • > 2008年12月 (1)
  • > 2008年10月 (2)
  • > 2008年9月 (8)
  • > 2008年8月 (6)
  • > 2008年6月 (5)
  • > 2008年4月 (13)
  • > 2008年3月 (5)
  • > 2008年2月 (14)
  • > 2008年1月 (5)
  • > 2007年12月 (18)
  • > 2007年11月 (16)
  • > 2007年10月 (24)
  • > 2007年9月 (8)
  • > 2007年8月 (13)
  • > 2007年7月 (23)
  • > 2007年6月 (22)
  • > 2007年5月 (2)
  • > 2007年4月 (3)
  • ページトップへ